ミジンコWEBデザイナーの車窓から

WEBディレクターからミジンコWEBデザイナーに転身。備忘録を兼ねて技術的な事、テンプレートの作成、他雑感。

| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mysqlのexplainを使ってインデックスを確認する

mysqlで適切なインデックスを張っていない場合、検索時間が大雑把にいって100倍位違うらしい(テーブルサイズとか条件によって全く異なる)

○→検索処理速度が向上する
☓→insert等の処理が遅くなる

で、今更ながらインデックスが適切かどうかの判別をするのにexplainを使うという事に気づいたのでまとめ。

ex.)
EXPLAIN SELECT *
FROM testtable
WHERE `test2` = "あああ"

typeがindexとかALLになっていると、SQLのチューニングが必要になるようだ。

参考リンク▼
http://shoulder.jp/archives/010429.php

http://nysql.g.hatena.ne.jp/py4s-tnk/20090502/1241278619

http://nippondanji.blogspot.com/2009/03/mysqlexplain.html

http://kozy.heteml.jp/pukiwiki/MySQL%2520%25A5%25A4%25A5%25F3%25A5%25C7%25A5%25C3%25A5%25AF%25A5%25B9/index.html

スポンサーサイト

PHP 文字列一致コードサンプル

文字列が一致するかどうか確認するコードサンプル

//▼strcmpを使う処理

$str1 = "テスト";
$str2 = "テスト";

if(!strcmp($str1,$str2){
echo "同一です";
}else{
echo "一致しないので処理を続ける";
}

//▲strcmpを使う処理

//▼比較演算子(型も同一)を使う処理

if($str1 === $str2){
echo "同一です";
}else{
echo "一致しないので処理を続ける";
}

//▲比較演算子(型も同一)を使う処理

スクレイピング時にPOSTする時の解決策

HTTP_Request(※pear)を使う。

参考
http://www.bnote.net/php/pear/http_req_03_post.shtml

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。