ミジンコWEBデザイナーの車窓から

WEBディレクターからミジンコWEBデザイナーに転身。備忘録を兼ねて技術的な事、テンプレートの作成、他雑感。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重複行を、比較して重複元も一緒に削除する方法

A列の1万件の電話番号の後に
B列の1000件の電話番号を移動

B1には =COUNTIF(A$1:A1,A1)

全て下フィルするのはきついので、B2セルの右下にマウスを持っていき
表示が + になったときにダブルクリック

すると
B2には=COUNTIF(A$1:A2,A2)
B3には=COUNTIF(A$1:A3,A3)

となり、

最後の行までフィルされる

最初にでてきた電話番号には1
2度目の場合には2
3度目に場合には3
・・・・

ですので、オートフィルターで、ソートして、削除。

行数が多い場合は旧エクセル等ではできないため
Libreoffce(portable)を使う

コメント

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。